「小学校」、「中学校」、「高校」、「大学」は英語で何と言う?英会話レッスンで学歴について話す際に役に立つ表現

公開日:2017年2月11日
最終更新日:2017年9月12日

オンライン英会話レッスンで自分の学歴や子供の教育暦について話す際に役に立つ表現を紹介!



今回の記事では、オンライン英会話のレッスンの際に「自分の学歴や自分の過去」について話す際に使えるボキャブラリー、フレーズを紹介していきたいと思います。


そして、今回紹介するボキャブラリー、フレーズは自分の学歴だけではなく、「自分の子供について(学歴や教育に関する事)」話す際にも役に立つと思います。自分の子供について話す際、「息子は小学生です」や「娘はもうすぐ大学を卒業します」のような表現をする場合があると思います。


ですから、今回の記事では主に「教育・学歴」に関する単語とフレーズを中心に紹介していきます。英語フレーズ集や英語学習関係のウェブサイトでも、ありそうで中々紹介されないようなテーマだと思いますので、意外に使える表現が多いと思います^^


実は、このテーマでは、アメリカ英語とイギリス英語の違いがあります。それぞれの国は「小学校」、「中学校」などのボキャブラリーに違う言い方があります。

しかし、フィリピン人の英会話の先生は主にアメリカ英語のボキャブラリーを使いますので、私は例文にアメリカ英語を使います。アメリカ英語とイギリス英語の言い方の違いがある場合には、イギリス英語の言い方も同時に紹介していきます^^


イギリス英語に興味がある方はこちらはお勧めです:「イギリス英語学習教材:ブリティッシュ・イングリッシュマスター


「小学校」、「中学校」、「高校」、「大学」は英語で何と言う?英会話レッスンで役に立つ「学歴や教育暦」について話す際の表現
「小学校」、「中学校」、「高校」、「大学」は英語で何と言う?英会話レッスンで役に立つ「学歴や教育暦」について話す際の表現


こちらの記事もお勧めです:




1.「幼稚園」、「保育園」は英語で何と言う?



「幼稚園」はアメリカ英語で「kindergarten」になります。イギリス英語では「nursery school」になります。「preschool」という言い方も英語圏の国中に使われています。

「保育園」はアメリカ英語で「daycare」という言葉になります。イギリス英語でも「daycare」という言い方が使われていますが、「nursery」という言い方もよく使われています。



例文:


My daughter goes to kindergarten.
(私の娘は幼稚園に通っています。)


My wife and I both work so my son is in daycare.
(私と妻は共働きなので息子は保育園に預けています。)


I didn’t go to kindergarten when I was a child. My mother worked so I started daycare when I was six months old.
(私は子供の頃幼稚園に行かなかったです。母親は働いていたので私は六ヶ月の頃保育園に預けられました。)




2.「小学校」は英語で何と言う?



アメリカ英語で「小学校」は「elementary school」という言い方になりますが、時々「grade school」という言い方も使われています。一方、イギリス英語では「primary school」や「lower school」という言い方がよく使われています。


例文:

In Japan, elementary school starts at the age of six.
(日本では、小学校は6歳から始まります。)


My daughter starts at elementary school next year.
(私の娘は来年小学校に入ります。)


Both my children are elementary school students.
(私の子供たちは二人とも小学生です。)
※「student」は生徒になりますが、イギリス英語では一般的に「pupil」という単語が使われています。




3.「中学校」は英語で何と言う?



「中学校」はアメリカ英語で「junior high school」になりますが、時々「middle school」という言い方を耳にします。イギリス英語では「secondary school」が最も使われている言い方になりますが、時々「middle school」という言い方も使われます。


例文:

I went to a private junior high school.
(私は私立の中学校に通いました。)


My son goes to a boys’ junior high school.
(私の息子は男子中学校に通っています。)


I am a junior high school math teacher.
(私は中学校の数学の教師です。)




4.「高校」は英語で何と言うの?



「高校」はアメリカ英語では「high school」、「senior high school」になります。イギリス英語では「high school」という言い方も使われていますし、「upper school」という言い方も時々使われる事があります。

イギリスとアメリカの教育制度は色々な点で違いがありますので、他にも違う言い方がありますが、一般的には「high school」という言い方が最も通じやすいと思います。


例文:

I didn’t graduate from high school.
(私は高校を卒業しませんでした。)


I didn’t have a girlfriend in high school.
(私は高校の時、彼女がいませんでした。)


My husband is a high school principal.
(私の旦那は高校の校長先生です。)




5.「大学」は英語で何と言う?



「大学」の正式な言い方は「university」です。この単語は英語圏の国なら何処の国でも使っている言い方です。

アメリカ英語では「college」か「school」という言い方も使いますが、この二つの単語の扱いには少し気をつけた方が良いと思います。何故なら、他の英語の種類(イギリス英語、オーストラリア英語)、では「college」は「大学」ではなく「専門学校」か「高校」という意味になってしまいます。

そして、「school」はアメリカ以外の英語圏の国では「小・中・高校」という意味があります。イギリス英語とオーストラリア英語では大学は「uni」(発音:ユニ)という省略も使われています。


例文:

I majored in physics at university.
(私は大学で物理を専攻しました。)


I graduated from university last year.
(私は去年大学を卒業しました。)


I didn’t go to university. I went to a specialist college to study graphic design.
(私は大学に行きませんでした。私は専門学校でグラフィックデザインを勉強しました。)


以上、今回は英会話で自己紹介する際に役に立つ表現、ボキャブラリーとして、「自分の学歴や子供の教育暦」を表現するフレーズとボキャブラリーを紹介してみました^^



管理人お勧めの英会話スクール


こちらの記事も参考になります:






   管理人イチオシの英会話スクール TOP3   



お勧めオンライン英会話レッスン3位   EFイングリッシュライブ(EF English Live)


オンライン英会話EF Englishtown

EF English Live公式サイト


ネットのレビューや口コミを調べてみてると、やはり私と同様の意見として”豊富なテキストの種類とボリューム量”について評価されている方が多いです。このくらいのボリューム量があれば教材だけみてもかなりコストパフォーマンスは高いと思います。これにプラスして「ネイティブ講師のマンツーマンレッスン」+「海外の生徒とグループレッスン」が付属しているのですから、一ヶ月使い倒したらかなりのコストパフォーマンスの高さです。


また、レッスン費用がリーズナブルだからと言って講師の質が低いわけではありません。英会話のレッスン自体はしっかりと教育を受けている英語ネイティブの講師がレッスンを担当してくれるので、生の英語をしっかりと吸収する事が出来ます。質問にも丁寧に答えてくれますし、学習システムにトラブルがあった際にも丁寧に優しく対応してくれました。教え方も丁寧でした。以上の理由から総合的にみて、第3位に選んでいます。


   EFイングリッシュライブの詳細・評判について





お勧めオンライン英会話レッスン2位   Bizmates(ビズメイツ)




Bizmates公式サイト


一応このスクールは"ビジネス英語に強い英会話スクール"というコンセプトなので、他の通常のオンライン英会話スクールと比較した際の総合ランキングの第一位に選ぶべきか迷いましたが、やはり「ビジネス英語」という括りのスクールなので、質の高い講師やレッスンを提供していますが、総合的にみて第二位に選ぶ事にしました。

しかし、ビジネス英語に特化した英会話スクールといっても、通常の英会話レッスン、例えばフリートークをやったりテキストを使って会話のレッスンなど。ビジネス英語以外のレッスンをメインに学習しても全く問題ありません。ビジネス英語以外のレッスンをしてくれますか?とお願いすれば通常の英会話レッスンに切り替える事も出来るので、フリートークレッスンを受講する事も出来ます。

このスクールをおススメする最も大きな理由としては、レッスンをした時に感じた”講師の質の高さ”です。とにかく丁寧に教えてくれる講師が多いです。とてもよく教育された講師のみを採用している印象を受けます。普通のオンライン英会話スクールであれば、時間ですぐにレッスン終了時間になるとすぐにレッスンを切られてしまう事が多いですが、ビズメイツのある講師の方は、レッスンの時間が過ぎても生徒の質問に丁寧に対応してくれたりするので、とても好感がもてました。


また、オンライン英会話スクールでは珍しく「英文添削」をしてもらう事も出来るので、ライティングの学習は勿論、論文やビジネス関係の資料を英語で書く必要がある方にもお勧め出来ます。


   Bizmates(ビズメイツ)の詳細や評判について





お勧めオンライン英会話レッスン3位 DMM英会話   DMM英会話




DMM英会話公式サイト


このスクールの特徴としては、世界中から集まった国際的な外国人講師達です。英語ネイティブの講師はもちろん、ヨーロッパ諸国の外国人講師やアジア系の外国人講師など。本当に様々な国籍の外国人が講師となり英会話のレッスンを受講出来ます。

ですから、今後ビジネスで様々な国の外国人と英語でコミュニケーションを取る予定のある方や、英語でビジネス会議をする予定がある方は、レッスンで実際のロールプレイ等を行ってみるととても効果的だと思います。

レッスン費用が比較的安価にも関わらず講師の質も全体的に安定している印象を受けました。管理人も過去に半年間の間DMMでレッスンを受講していますが、特にネイティブの講師は全体的に質が高かったように思います。


レッスンで使用する教材は、DMM英会話のオリジナルテキストを使用します。(レベルは初級、中級、上級とレベル別に分かれている)。

そして、私も購入して使った事がある教材ですが、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」も無料でダウンロードする事が出来ます。これを教材としてレッスンで使えば、「英作文力=英会話力」はかなり鍛えられます。※ネイティブ講師とレッスンする場合は「※プラスネイティブプランのみ可能」


   DMM英会話のレッスン・スクール詳細や評判について





Share this post