「今何と言ったの?」や「聞き取れなかった」、「もう一度繰り返して」は英語で何と言う?

「今何と言ったの?」等聞き返す時の英語表現
目次

英会話中に相手の言っている事が聞き取れなった際に使えるフレーズを紹介

今回の記事では、オンライン英会話レッスンの際に役立つ便利な英語フレーズ・表現を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

勿論、この記事で紹介する英語フレーズは、オンライン英会話のレッスンだけではなく、日常会話で使っても大丈夫です^^ そして、ビジネス英会話でも使えるフレーズも合わせて紹介していきたいと思います。

実は私は日本語を勉強し始めた時に、当然の事ながら相手の日本語を上手に聞き取れない場合が多かったですが、そんな時に私の個人的な「会話の作戦」としては「聞き取れなくても出来るだけ会話を進ませてしまう」という作戦です(笑)。

何故なら「何?」、「え?」と何回も言うと、会話相手(私の場合は日本人が会話相手になりますが)は「この人は日本語が分からないから英語を使ってみよう」と相手は考えてしまう可能性があります。

ですから、私は時々「その話の内容があまりよくわからない場合でも知っているふりをする事もありました」(笑)。

勿論、英会話レッスン中に先生の話が聞き取れなかった場合には、もう一度繰り返してもらっても平気ですが、外国人と”プライベート”で英語で話をしている時に相手の話が聞き取れない時には、ちゃんとした英語の文章で「ごめんなさい、今何と言いましたか?」等と聞いた方がよいと思います。

「何?」、「え?」だけ言うと、相手がめんどくさいと思って会話をやめて逃げてしまう可能性だってありますからね(笑)。

それでは、今回はこういった相手の話が聞き取れなかった場合に使う正式な英語フレーズを紹介していきます。

「今何と言ったの?」等聞き返す時の英語表現
「今何と言ったの?」等聞き返す時の英語表現

こちらの記事もお勧めです:

「聞き取れない」と言いたい時に使えるフレーズ

例文:

Sorry? I didn’t catch what you said.
(すみません。言っていた事が聞き取れなかったんですが。)

※この際の「catch」は「聞き取れる」という意味の「キャッチ」になります。

Pardon? I didn’t quite catch that.
(え?ちゃんと聞き取れなかったんです。)

Sorry, I didn’t get that.
(ごめんなさい、聞き取れなかった。)

What did you just say?
(今何と言いましたか?)

I didn’t hear what you said.
(私はあなたが言った事が聞こえませんでした。)

上記のフレーズは全て丁寧なフレーズなので日常英会話でも、ビジネス英会話として使っても大丈夫です。そして、上記にあげたそれぞれのフレーズはその都度、使うシーンによって組み合わせて使っても大丈夫です。

相手の会話が聞き取れない時には、単純に「What?」(何?)という言う事はちょっと失礼な感じなので、「sorry」や「pardon」という二つの単語を使った方が良いと思います。

2. もう一度繰り返してもらいたい時に使えるフレーズ

例文:

Could you repeat that, please?
(それをもう一度繰り返してくれますか?)

Could you say that again, please?
(もう一度言ってくれますか?)

Could you say that one more time, please?
(それをもう一度言ってくれますか?)

時々日本人の英語学習者は外国人が話す英語が聞き取れない場合、もう一度繰り返して欲しい時に「one more, please」という台詞を言う人がいますが、実はこれは少し変な言い方です。

何故なら、これは「もう一つください」という意味になるからです(笑)。「one more」は「もう一つ」という意味になりますが、「one more TIME」は「もう一度」という意味になります。

これを勘違いして使っている人を時々みますので、今まで使っていたという方は今後は気をつけましょう^^

3. 相手の話が理解出来なかった時に使えるフレーズ・表現

例文:

I’m sorry, I don’t know what you mean.
(すみませんが、あなたが言っている内容の意味が分かりません。)

I don’t understand.
(私は意味が分かりません。)

I’m sorry, I don’t know what you mean.
(ごめんなさい、意味がよく分かりません。)

Could you say that a different way?
(違う言い方で言ってくれますか?)

Could you explain that in a different way?
(違う言い方で説明してくれますか?)

I don’t know what ~ means.
(私は~という単語の意味が分かりません。)

What does ~ mean?
(~はどういう意味ですか?)

英会話の作戦として「違う言い方で説明してくれますか?」と相手にお願いする事はとても良い方法だと思います。

例えば、「vacuum cleaner」(=掃除機)という単語が分からない場合、その文脈を聞いても意味が分からないなら、「What does vacuum cleaner mean?」や「Could you say that in a different way?」というフレーズを使うとします。

そうすると、優しい人なら「vacuum cleaner is the machine we use to clean the floor」(vacuum cleanerとは、床を掃除する時に使う機械ですよ。)などの文章で説明してくれると思います。。

以上、今回は英会話している際によくあるシチュエーションとして、「聞き取れなかったと言いたい時に使えるフレーズ」や「もう一度繰り返してもらいたい時に使えるフレーズ」、「相手の話が理解出来なかった時に使えるフレーズ」を紹介してみました。

これらは日常英会話でも非常に役に立つ言い回しなので、是非この機会に覚えて使ってみて下さいね^^

「今何と言ったの?」等聞き返す時の英語表現

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次