英語勉強日記

ネイティブ直伝!オンライン英会話レッスンにも活かせる超便利な英語表現を紹介

オンライン英会話レッスンにも活かせる英語の表現

これは使える!ネイティブから学んだ生の英話の表現


前回の記事(ネイティブとのコミュニケーションから学ぶネイティブ使う自然な表現について)でも書いた事なのですが、私の妻の友人には英語圏以外にも様々な国の外国人の友人がいます。しかし、私の英語力があまり芳しくない事から・・・(笑) 日本語を話せない妻の友人とは正直な話、あまり上手にコミュニケーションが取れていない事も事実です・・・。


そんな事もキッカケになって英語学習に躍起になっている私ですが^^ 以前に妻の友達であるアメリカ人で英語の教師をしている方から、とても為になる英語表現をいくつか教えてもらいました。

しかし、あれですね。ネイティブとの英会話では得るものが非常に多いです。そして、ネイティブなので当たり前の事ですが、フィリピン人と比べると英語の発音がいいので逆に速過ぎて聞き取りづらい事もあります。

句動詞も多いし、単語単語がくっついて聞こえるという事態も度々発生しますが、それでも会話を続けていくうちに自然と英語のスピードにも慣れて聞き取れるようになるもんです。


オンライン英会話レッスンにも活かせる英語の表現オンライン英会話レッスンにも活かせる英語の表現

こちらの記事もお勧めです:



何かの「レベル(具合)」を表現する際に便利な英語フレーズ



私のような英語のレベルがビギナーレベル~中級レベルの間の人の場合、英語で何かを質問されても単調な答えしか返せない事は珍しくありません。

また微妙なニュアンスを表現したい際にも単調な答えになりがりです。特にレベルを表現したりする際には単純に「Good」といったり、「Very good」など、深く相手に突っ込まれる事を恐れて簡単に答えられる表現を使いがちです^^


そこで今回そのネイティブの方と話していた際に吸収した表現を紹介します。

紹介しますというか、自分のメモ的な記事としても残しておきたいので書いておきます。^^


英語で何かのレベルを表現する際には、まず「Good」という表現の細かい使い分けについてです。一番上から、「最も良い」~「よくない・悪い」という表現までです。

  1. very good(とても良い)
  2. pretty good(まあまあ良い)
  3. not bad(わるくない)
  4. not good(よくない・悪い)


ここでよく使うのがpretty good(まあまあ良い)表現です。^^
質問された相手にも失礼にならないし、それでいてネガティブではない表現です。


またレストランで食事をしていた事もあって、以下のような表現を吸収出来ました。


・spill(こぼす)

Don’t spill the wine!
(ワインをこぼさないで!)


Wipe the bottle
(ボトルを拭く)



また日本人のよく間違える英語表現として以下の事について教えてもらいました。


私も今までそうでしたが、よく日常会話でこのような事を話すと思います。


例:

Aさん:「私は~が好きです」、Bさん:「私も好きです」という会話があります。
英語では、Aさん:「I like ~」、Bさん:「Me too」というようになります。


そしてその反対(ネガティブなシチュエーションの場合)


Aさん:「私は~が嫌いです」、Bさん:「私も嫌いです」
英語では、Aさん:「I don’t like ~」、Bさん:「Me too」というようになると思いますよね?

「Me too」でも決して間違いではないようですが、ネイティブ達はこの際に「Me neither」という表現を使うようです。「Me too」は使わないようです。

「Me neither」の方がより自然な表現のようですね。


簡単なようですが、意外とすぐに出てこない単語や表現だったりするのでとても勉強になりました。

また、何か新しい表現を覚えた際には自分の英語学習のメモとしてもこの日記で紹介していきます!^^




スポンサーリンク
実際に体験してみたお勧めの英会話スクールTOP3

EFイングリッシュライブ(EF English Live)


オンライン英会話EF Englishtown
ネットのレビューや口コミを調べてみてると、やはり私と同様の意見として”豊富なテキストの種類とボリューム量”について評価されている方が多いです。

このくらいのボリューム量があれば教材だけみてもかなりコストパフォーマンスは高いと思います。これにプラスして「ネイティブ講師のマンツーマンレッスン」+「海外の生徒とグループレッスン」が付属しているのですから、一ヶ月使い倒したらかなりのコストパフォーマンスの高さです。

また、レッスン費用がリーズナブルだからと言って講師の質が低いわけではありません。英会話のレッスン自体はしっかりと教育を受けている英語ネイティブの講師がレッスンを担当してくれるので、生の英語をしっかりと吸収する事が出来ます。

質問にも丁寧に答えてくれますし、学習システムにトラブルがあった際にも丁寧に優しく対応してくれました。教え方も丁寧でした。以上の理由から総合的にみて、第1位に選んでいます。

EF English Live 公式




Bizmates(ビズメイツ)



このスクールは”ビジネス英語に強い英会話スクール”というコンセプトなので、他の通常のオンライン英会話スクールと比較した際に「ビジネス英語に強い英会話」という括りのスクールなので、第2位にするのは少し迷いました。

しかし、それ以上に「質の高いレッスンを提供している」という事で、総合的にみて第2位に選ぶ事にしました。

しかし、ビジネス英語に特化した英会話スクールといっても、通常の英会話レッスン、例えばフリートークをやったりテキストを使った英会話のレッスンを行ってもOKです。

このスクールをおススメする最も大きな理由としては、レッスンをした時に感じた”講師の質の高さ”です。とにかく丁寧に教えてくれる講師が多いです。とてもよく教育された講師のみを採用している印象を受けます。

普通のオンライン英会話スクールであれば、時間ですぐにレッスン終了時間になるとすぐにレッスンを切られてしまう事が多いですが、ビズメイツのある講師の方は、レッスンの時間が過ぎても生徒の質問に丁寧に対応してくれたりするので、とても好感がもてました。

また、オンライン英会話スクールでは珍しく「英文添削」をしてもらう事も出来るので、ライティングの学習は勿論、論文やビジネス関係の資料を英語で書く必要がある方にもお勧め出来ます。

Bizmates 公式







DMM英会話



このスクールの特徴としては、世界中から集まった国際的な外国人講師達だと思います。

英語ネイティブの講師はもちろん、ヨーロッパ諸国の外国人講師やアジア系の外国人講師など。本当に様々な国籍の外国人が講師となり英会話のレッスンを受講出来ます。

ですから、今後ビジネスで様々な国の外国人と英語でコミュニケーションを取る予定のある方、英語でビジネス会議をする予定がある方はレッスンで実際のロールプレイを行ってみると効果的なレッスンになると思います。

レッスン費用が比較的安価にも関わらず講師の質も全体的に安定している印象を受けました。管理人も過去に半年間の間DMMでレッスンを受講していますが、特にネイティブの講師は全体的に質が高かったように思います。

レッスンで使用する教材は、DMM英会話のオリジナルテキストを使用します。有名な英語教材である「どんどん話すための瞬間英作文トレーニングが無料でダウンロード出来る」という点も評価すべき点です。

これを教材としてレッスンで使えば、「英作文力=英会話力」はかなり鍛えられます。※ネイティブ講師とレッスンする場合は「※プラスネイティブプランのみ可能」

DMM英会話 公式