英語の発音をネイティブっぽくさせる為のテクニック紹介!英語の発音を良くする方法

英語の発音を良くする方法
目次

英語の発音を良くする方法として知っておくべき「gotta」,「gonna」,「wanna」等の発音のポイントを紹介します!

今回の記事では、自分の英語の発音を「直ぐにネイティブ出来るコツ」を紹介してみたいと思います。一般的に英語の発音をネイティブっぽくする為にはある程度、発音の訓練をして繰り返し練習していく必要があります。

スポンサーリンク

英語の発音はある意味「モノマネ」的な要素が必要です。しかし、今日これから紹介していくテクニックでは、今直ぐにでも出来るわりと簡単に自分の発音をネイティブっぽくする事が出来るテクニックです。

これらの発音をマスターすると、自分の発音だけではなく、同時に自分のリスニング力(聞き取り力?)もレベルアップする事が出来ると思います。

そんな事で、今回紹介するのは「gotta」、「gonna」、「wanna」の発音の仕方を例に解説していきたいと思います。

これら「gotta」、「gonna」、「wanna」などは、英語圏の歌、ドラマ、映画の台詞などを聞くとが必ずで出来くる言葉です。その前にまずは皆さんはこれらの単語の意味はご存知でしょうか?

まずは、発音のポイントを解説する前にこれらの単語の意味と使い方や文法の説明をした後に、発音し方について紹介していきたいと思います。

英語の発音を良くする方法
英語の発音を良くする方法

英語の発音に関する参考記事:

1.「gotta」とはどういう意味?

皆さんは「gotta」(発音:ガダ)という単語を知っていますか? 実はこれは正式な英単語ではありません。「got to」の省略です。

しかし、ネイティブの日常会話では非常によく使われます。「got to ~」は「have to ~」と同じ意味で、「~をしなければならない」という意味になります。

例えば・・・

例文:

I’ve got to go.
(私は行かなきゃならないよ。)

I’ve got to make dinner.
(私は夕食を作らなきゃ。)

I’ve got to write a report by tomorrow,.
(私は明日までにレポートを書かなければならない。)

上記の文章の中の「got to」はネイティブの英語では省略されます。そうすると、「gotta」(ガダ)という発音になります。

例えば、例として以下のようになります。

  • I’ve got to go → I’ve gotta go. (発音: アイヴ・ガダ・ゴー)
  • I’ve got to make dinner → I’ve gotta make dinner  (発音: アイヴ・ガダ・メイク・ディナー)

2. 「gonna」はどういう意味?

「gonna」は「going to」の省略です。「going to ~」は英語の未来形を表す文法です。

未来形の文章はこのようなパターンになります: 「going to + 動詞の原形」

例文:

I’m going to go to Osaka tomorrow.
(私は明日大阪に行きます。)

I’m going to make sukiyaki tonight.
(私は今夜すき焼きを作ります。)

I’m going to play tennis with my boss tomorrow.
(私は明日上司と一緒にテニスをします。)

「going to」を省略すると「gonna」(発音:ガナ)になります。つまり、未来形を現す際には「gonna +動詞」という表現を使います。

  • I’m going to go to Osaka tomorrow → I’m gonna go to Osaka tomorrow (アイム・ガナ・ゴー・トゥ・大阪・トゥマロー)
  • I’m going to make sukiyaki tonight → I’m gonna make sukiyaki tonight (アイム・ガナ・メイク・すき焼き・トゥナイト)
  • I’m going to play tennis with my boss tomorrow → I’m gonna play tennis with my boss tomorrow (アイム・ガナ・プレイ・テニス・ウィ・マイ・バース・トゥマロー)

3. 「wanna」はどういう意味?

「wanna」は「want to」の省略です。発音は「ワナ」になります。「want to ~」は「~がしたい」という意味になります。

パターンとしては「want to+動詞の原形」というように表現していきます。

例文:

I want to watch TV
(私はテレビが観たいです。)

I want to eat pizza tonight.
(私は今夜ピザが食べたいなぁ。)

I want to quit my job.
(私は仕事を辞めたいよ。)

英語ネイティブの人は会話中に「want to」をよく「wanna」に省略します。つまり、「wanna+動詞の原形」というパターンで表現します。

  • I want to watch TV → I wanna watch TV (アイ・ワナ・ワッチ・ティーヴィー)
  • I want to eat pizza tonight → I wanna eat pizza tonight (アイ・ワナ・イート・ピッザ・トゥナイト)
  • I want to quit my job → I wanna quit my job (アイ・ワナ・クイット・マイ・ジャーブ)

上記の自然な英語の発音をマスターすれば、自分の英語はかなり直ぐにネイティブっぽく発音になると思います。そして、「gotta」、「gonna」、「wanna」の意味が分かると、ネイティブの会話はもう少し聞き取りやすくなると思います。

英語の発音を良くする方法

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次