「県」、「区」、「市」、「町」は英語で何と言う?自分の住んでいる場所を英語で話す際の表現やフレーズを紹介

公開日:2017年3月3日
最終更新日:2018年9月25日

英語で自分の住んでいる場所(「県」、「区」、「市」、「町」)について説明する際に使える表現やフレーズ



今回の記事では、オンライン英会話のフリートークレッスンで使える単語と表現、フレーズを紹介していきたいと思います。

これから紹介するテーマは、「自分の住んでいる場所(県、区、市、町)」や、「以前住んでいた場所」や「職場の住所の言い方」等をメインに紹介していきます。


日本語で住所を言う際には「~県」や「~区」などの単語を使いますが、皆さんはこれらを表現する際の英語の言い方をご存知でしょうか^^

英語では「県」が「prefecture」になり、「区」が「ward」になりますが、実はこれらの単語は英語ネイティブにはあまり使われていません。

そして、もしかすると「prefecture」という単語を聞いた事のない英語ネイティブの人がいるかもしれません。何故なら、英語圏の国では主に「」というエリアで場所を表わすからです。


それでは、日本の「県」と海外の国の「州」の様々な言い方を紹介していきます。

今回は、ただ単語を紹介するだけではなく、その国の州(state)のコンセプトや歴史も合わせて紹介しているので、ちょっと面白い内容になると思います^^ それではいきましょう!





「県」、「区」、「市」、「町」は英語で何と言うのでしょうか?
「県」、「区」、「市」、「町」は英語で何と言うのでしょうか?


こちらの記事もお勧めです:




1. 「県」は英語で何と言うのでしょうか?



上記でも少し説明しましたが、日本語の「県」にあたる英語は「prefecture」になります。形容詞として使うと「prefectural」という言い方になります。

アメリカの「州」は「state」になります。オーストラリアは、「state」という言い方を使いますが、エリアによって「territory」という言い方になります。


例えば、Queensland, New South Wales, Victoriaなどは「state」と呼ばれ、Northern Territory、Australian Capital Territoryは「territory」になります。

カナダの場合は、「state」という言い方は使われていません。その代わりに「province」と「territory」という言い方になります。


イギリスは、他の英語圏の国と比べてもサイズ的に小さい国なので「state」や「territory」という言い方は使いません。イギリスの「州」は「county」と呼ばれます。日本の「県」に比較的似ているようなわけ方だと思います。

フランスは「prefecture」という言い方を使います。この単語はラテン語のルーツがありますので、イタリアやブラジルなどのラテン語ルーツの国は似たような単語を使います。


実際の例文:


I’m from Chiba Prefecture in Japan.
(私は日本の千葉県の出身です。


Do you know Omiya? It is in Saitama Prefecture, near Tokyo.
(大宮という町をご存知ですか?東京の近くの埼玉県にあります。)


I work at the Prefectural Office in Kyoto.
(私は京都の県庁で働いています。)




2. 「区」は英語で何と言うのでしょうか?



日本語の「区」という単語は英語にすると「ward」(発音:ウォード)になります。しかし、この単語は日常会話ではあまり使われていません。

自分が、例えば、東京の新宿区に住んでいるという場合には、「Shinjuku in Tokyo」という言い方だけで大丈夫だと思います。


実際の例文:


I live in Shinjuku in Tokyo.
(私は東京の新宿に住んでいます。)


I have to go to the ward office to get some documents.
(私は書類をもらうために区役所に行く必要があります。)


Which ward in Tokyo do you live in?
(あなたは東京の何区に住んでいますか?)

※「ward」という単語を言いたくない場合、「Where in Tokyo do you live?」という言い方をする事が出来ます。




3. 「市」は英語で何と言うのでしょうか?



「市」という単語は英語では「city」になります。「municipal area」という言い方も使われていますが、これは主に”正式な書類”等で使われる言い方になります。

日常会話では主に「city」という言い方を使います。 それでは、実際の使い方を例文でみていきましょう。


実際の例文:


I’m from Saitama City in Japan.
(私は日本の埼玉市の出身です。)


I live in Nagoya. It’s a city between Tokyo and Kyoto.
(私は名古屋に住んでいます。東京と京都の間にある都市です。)


I don’t like living in big cities. I prefer living in the countryside.
(私は大都会に住むのが好きではありません。私は田舎の方が好きです。)




4. 「町」は英語で何と言うのでしょうか?



一般的には「町」は英語で「town」になります。しかし、英語では町の名前を言った後に「Town」という単語をつけなくても大丈夫です。

例えば、自分の町の名前が「中野町」である場合、「Nakano-Town」と言わなくても大丈夫です。つまり、「Nakano」という地名だけで大丈夫です。

もっと詳しく説明したい場合には、「I live in a town called Nakano」という言い方をすればOKです。


実際の例文:


I don’t live in Tokyo. I live in a small town in Chiba Prefecture.
(私は東京に住んでいません。私は千葉県にある小さい町に住んでいます。)


What’s the name of your town?
(あなたが住んでいる町は何と言う名前ですか?)


I’m from a town called Nakano.
(私は中野という町の出身です。)



以上、今回は自己紹介する際や英会話の際に自分の住んでいるエリア、場所について詳しく説明する際に使える単語や表現を紹介してみました^^

結構使える表現も多いと思いますので、この機会に是非覚えて使ってみてくださいね!



>> 管理人おすすめのオンライン英会話スクールTOP3






   管理人イチオシの英会話スクール TOP3   



お勧めオンライン英会話レッスン3位   EFイングリッシュライブ(EF English Live)


オンライン英会話EF Englishtown

EF English Live公式サイト


ネットのレビューや口コミを調べてみてると、やはり私と同様の意見として”豊富なテキストの種類とボリューム量”について評価されている方が多いです。このくらいのボリューム量があれば教材だけみてもかなりコストパフォーマンスは高いと思います。これにプラスして「ネイティブ講師のマンツーマンレッスン」+「海外の生徒とグループレッスン」が付属しているのですから、一ヶ月使い倒したらかなりのコストパフォーマンスの高さです。


また、レッスン費用がリーズナブルだからと言って講師の質が低いわけではありません。英会話のレッスン自体はしっかりと教育を受けている英語ネイティブの講師がレッスンを担当してくれるので、生の英語をしっかりと吸収する事が出来ます。質問にも丁寧に答えてくれますし、学習システムにトラブルがあった際にも丁寧に優しく対応してくれました。教え方も丁寧でした。以上の理由から総合的にみて、第3位に選んでいます。


   EFイングリッシュライブの詳細・評判について





お勧めオンライン英会話レッスン2位   Bizmates(ビズメイツ)




Bizmates公式サイト


一応このスクールは"ビジネス英語に強い英会話スクール"というコンセプトなので、他の通常のオンライン英会話スクールと比較した際の総合ランキングの第一位に選ぶべきか迷いましたが、やはり「ビジネス英語」という括りのスクールなので、質の高い講師やレッスンを提供していますが、総合的にみて第二位に選ぶ事にしました。

しかし、ビジネス英語に特化した英会話スクールといっても、通常の英会話レッスン、例えばフリートークをやったりテキストを使って会話のレッスンなど。ビジネス英語以外のレッスンをメインに学習しても全く問題ありません。ビジネス英語以外のレッスンをしてくれますか?とお願いすれば通常の英会話レッスンに切り替える事も出来るので、フリートークレッスンを受講する事も出来ます。

このスクールをおススメする最も大きな理由としては、レッスンをした時に感じた”講師の質の高さ”です。とにかく丁寧に教えてくれる講師が多いです。とてもよく教育された講師のみを採用している印象を受けます。普通のオンライン英会話スクールであれば、時間ですぐにレッスン終了時間になるとすぐにレッスンを切られてしまう事が多いですが、ビズメイツのある講師の方は、レッスンの時間が過ぎても生徒の質問に丁寧に対応してくれたりするので、とても好感がもてました。


また、オンライン英会話スクールでは珍しく「英文添削」をしてもらう事も出来るので、ライティングの学習は勿論、論文やビジネス関係の資料を英語で書く必要がある方にもお勧め出来ます。


   Bizmates(ビズメイツ)の詳細や評判について





お勧めオンライン英会話レッスン3位 DMM英会話   DMM英会話




DMM英会話公式サイト


このスクールの特徴としては、世界中から集まった国際的な外国人講師達です。英語ネイティブの講師はもちろん、ヨーロッパ諸国の外国人講師やアジア系の外国人講師など。本当に様々な国籍の外国人が講師となり英会話のレッスンを受講出来ます。

ですから、今後ビジネスで様々な国の外国人と英語でコミュニケーションを取る予定のある方や、英語でビジネス会議をする予定がある方は、レッスンで実際のロールプレイ等を行ってみるととても効果的だと思います。

レッスン費用が比較的安価にも関わらず講師の質も全体的に安定している印象を受けました。管理人も過去に半年間の間DMMでレッスンを受講していますが、特にネイティブの講師は全体的に質が高かったように思います。


レッスンで使用する教材は、DMM英会話のオリジナルテキストを使用します。(レベルは初級、中級、上級とレベル別に分かれている)。

そして、私も購入して使った事がある教材ですが、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」も無料でダウンロードする事が出来ます。これを教材としてレッスンで使えば、「英作文力=英会話力」はかなり鍛えられます。※ネイティブ講師とレッスンする場合は「※プラスネイティブプランのみ可能」


   DMM英会話のレッスン・スクール詳細や評判について





Share this post