カランメソッドのステージの内容、文法、英語レベルを徹底分析

カランメソッドのステージの内容、文法、英語レベルを徹底分析
目次

カランメソッドのレッスン内容分析:各ステージ別の内容、使われる文法、英語レベル等を徹底分析

今回の記事では、「カランメソッドのレッスン内容分析、英語のレベル」をテーマに私なりの分析をしてみたいと思います。カランメソッドは英会話を練習する上で高い効果を感じていた事もあり、長らく受講してきたメソッド型のレッスンです。

スポンサーリンク

カランメソッドは、それなりの期間レッスンを定期的に続けていけば、少しづつですが確実に英語力はアップしていきます。特に自分自身で感じやすい学習成果としては、主に「スピーキング力とリスニング力の向上」になります。

私の友人でもカランメソッドのレッスンを受講している人が何人かいますが、途中で辞めてしまった人もいるし、一年以上ずっとコツコツレッスンを続けている人もいます。

やはりコツコツやっている人は、実際に英語力の向上を自分自身で感じているようです^^今回のテーマもそんなカランメソッドに関する記事を書いてみたいと思います。

そのカランの中でも今回は「カランメソッドの各ステージの内容」を詳しく分析していきたいと思います。そして、それぞれのステージに出てくる英文法も合わせて紹介していきたいと思います。

これからカランメソッドを受講しようと思っている方、現在カランメソッドのレッスンを受けている方にも役立つのではないかと思い、今回の記事を書いてみました^^

カランメソッドのステージとは?

カランメソッドの日常英会話講座には全部で「12段階のステージ」があります。ステージ1は本当の初心者向けのステージで、ステージ12は英語の上級者向けのステージです。

それぞれのステージでは、違うテキストブックを使用します。つまり、どんな英語レベルの学習者にも当てはまる勉強法であり、どんなレベルの人にも合うステージ(英語レベル)があります。

カランメソッドの内容はヨーロッパの「CEFR」(=Common European Framework of Reference)という語学水準で作られました。カランメソッドのステージ12はCEFRのC1(英語上級者)というレベルと同じです。

下記の表を見ると、カランメソッドの各ステージとCEFRのレベルを比べる事が出来ます。

  • CEFR A1 (初学者)  = カランメソッドのステージ1&2
  • CEFR A2 (初級者)  = カランメソッドのステージ3&4
  • CEFR B1 (中級者)  = カランメソッドのステージ5&6
  • CEFR B2 (準上級者) = カランメソッドのステージ7,8,9&10
  • CEFR C1 (上級者)  = カランメソッドのステージ11&12
  • CEFR C2 (マスター)

最終的に、ステージ12まで勉強すると上級レベルの英語で話せるようになるはずです。次は、それぞれのステージに入っている文法を少しクローズアップします。

 >> カランメソッドで英語力向上!

カランメソッドのステージ1と2の内容

ステージ1と2は、英語を勉強し始めたばかりの人や英語初心者向けの内容という事もあり、レッスン内容はかなりシンプルな文法しか使いません。

紹介される文法は、be動詞やhaveという一般動詞、現在進行形、代名詞、前置詞が中心です。複雑なボキャブラリーはあまり使われていませんので、カランメソッドのレッスンを通して基本文法をしっかりと覚える事が出来ます。

カランメソッドのステージの内容、文法、英語レベルを徹底分析

カランメソッドのステージ3と4

このレベルは初心者~中級者くらいのレベルになります。比較級、最大級、未来形、ベーシックな仮定法の文法が紹介されています。

そして、ステージ1よりも少しだけ難しいボキャブラリーが使われるようになります。私の意見では、このステージは大体「中学校の2,3年生」くらいのレベルといった感じだと思います。

カランメソッドのステージ5と6

ステージ5と6は中級レベルの英語になります。主に、受動態、後置修飾などの文法が紹介されます。これは中学校の3年生くらいで教えられる文法だと思います。

カランメソッドのステージ7と8

この二つのステージは、中級レベルの英語が使われていますが、新しい文法パターンはあまり紹介されません。その代わり、前のステージに学んだ文法をもう少し細かくクローズアップしていきます。

例えば、関係代名詞の細かい使い方や「wish」という動詞の正しい使い方。そして、日常英会話でよく使われるイディオムもこのステージではじめて紹介されます。

カランメソッドのステージ9と10

この二つのステージは「準上級」として考えた方が良いと思います。このステージでは、数多くの新しいボキャブラリーが紹介されます。そして、文法の細かいニュアンスも同時にクローズアップされます。

例えば、普段の生活習慣に関する話の場合、「will」と「would」という助動詞を使う事が出来る等の文法の使い方等が紹介されます。また、英語ネイティブの人が使う表現、イディオムも沢山紹介されます。

カランメソッドのステージ11と12

この最後の二つのステージでは、上級レベルの文法とボキャブラリーが紹介されます。そして、上級レベルのリーディングとライティングも出てきます。

数多くの句動詞、イディオムも紹介されていますのでここまで進むと、日常英会話、ビジネス英会話をこなす事が出来て、ハリウッド映画や、テレビドラマは英語で観ても全く問題ないレベルになっていると思います。

カランメソッドのテキストを購入する方法

カランメソッドのテキストは一般の書店では、中々見つけづらいと思いますが、アマゾンで中古のテキストが販売されています。

ですから、出来るだけコストをかけたくないという方は「アマゾンの中古教材」でカランメソッドの教材を購入する事はお勧めです。そして、たまにヤフーオークションなどでも見かける事があります^^

created by Rinker
¥392 (2024/05/18 18:25:36時点 Amazon調べ-詳細)

カランメソッドが受けられるオンライン英会話スクールは?

日本からインターネットで受講出来る「主に日本人を対象とした」オンライン英会話スクールの中にはカランメソッドを行っているスクールも何件かあります。

例えば:

参考:「カランメソッドのレッスンを受講出来る英会話スクール

以上、今回はカランメソッドのレッスン内容と各ステージの英語レベル、各ステージをクリアした場合に得られる英語力について分析してみました^^

カランメソッドのステージの内容、文法、英語レベルを徹底分析

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次