英会話の際に「感謝」や「お礼」を伝える際の英語表現を紹介

英会話レッスン中に使える感謝・感想を伝えるフレーズ
目次

英会話レッスンの時に感謝・感想を伝えるフレーズを紹介

今回の記事でも、前回に引き続き「オンライン英会話レッスン中に使える便利な英語フレーズ」を紹介していきたいと思います。今回紹介する英語フレーズ・表現は「お礼」や「感謝・感想」を伝える際に使えるフレーズです。

まず、最初に「どうしてオンライン英会話のレッスン中にお礼を言う必要があるの?!」と考えている方もいると思いますが、フリートークのレッスンでもメソッドのレッスンであっても「先生の時間と知識を借りている」と考えるべきです。

これは日本と英語圏の国(外国)のカルチャーの違いですが、海外では「お客様が神様」という考えはありません(笑)。

お金は払っている生徒だからといって、横柄な態度は厳禁です。(あまりそのような方はいらっしゃらないと思いますが・・・)

そして、いくらお客の立場だからといって、それだけで気持ちの良いレッスンを受けられる訳ではありません。失礼な態度を取ったり、挨拶なしでレッスンをはじめてしまった場合には、お互いに気持ちの良いレッスンをする事は出来ません。

レッスンがはじまる前には気持ちの良い挨拶をして、出来るだけ丁寧な自己紹介をしましょう。レッスンが終わった後には必ず「ありがとう」と言う事が英語のマナー・礼儀では正しいと思います。

そして、レッスン中に先生に色々と説明してもらいますので、そういう時にも”感謝を表す表現”を言った方がいいと思います。

そして、その際に単純な「ありがとう」だけではなく、自分の感想を伝えた方がいいと思います。例えば、「レッスンはとても面白かったです」や「先生と話す事はとても楽しかったです」などの表現が言う事が出来たら相手の先生はきっと喜ぶと思います^^

そのようにお互いに気持ちの良いポジティブな時間を過ごしたいですよね。 それでは、感謝・感想を表す英語フレーズを紹介していきます。

何かを教えてもらった時のお礼の英語表現

レッスン中に先生に何かを教えてもらった時に軽いお礼を言った方がいいと思います。

例えば:

Thanks.
(ありがとう。)

Thank you.
(ありがとう。)

Thank you very much.
(ありがとうございます。)

「Thanks」と「Thank you」の意味は同じです。「Thanks」の方が少しカジュアルな言い方になります。

しかし、「カジュアルすぎて失礼」というわけではありません。ですから、オンライン英会話のレッスンでは、どちらを使っても大丈夫です。

Thanks for teaching me that.
(それを教えてくれてありがとう。)

Thank you for explaining that.
(それを説明してくれてありがとうございます。)

「Thanks for ~」や「Thank you for ~」というパターンはとても役に立ちます。「~をしてくれてありがとう」という意味になります。「For」の後に来る動詞を「ing形」にする必要があります。例えば、「Thank you for teaching me」などがそれにあたります。

例文:

Thanks. That is really easy to understand.
(ありがとう。それはとても分かりやすいです。)

I didn’t know that. I learned something new.
(私はそれを知らなかったです。勉強になりました。)

「勉強になった」という日本語は英語に直訳しにくいですが、「I learned something new」という表現は最も近い意味だと思います。

レッスン終了後に使う「感謝・感想」を言う際の表現

レッスンが終わったら先生に感謝を表す事が大切です。そして相手の事を考えて本当にレッスンが良かった場合には、レッスンを受けた際の感想も一緒に伝えたら喜ばれると思います。

例文:

Thank you for teaching me today.
(今日教えてくれてありがとうございました。)

Thanks for the lesson.
(レッスンをありがとう。)

I learned a lot today.
(今日は沢山勉強になりました。)

I really enjoyed speaking with you.
(先生と一緒に話す事はとても楽しかったです。)

I enjoyed today’s lesson.
(今日のレッスンは楽しかったです。)

I always enjoy your lessons.
(先生のレッスンはいつも楽しいです。)

※「enjoy」という単語は動詞なので、実は「楽しい」ではなく「楽しむ」という意味にいなります。過去形の場合は「enjoyed」になります。

Today’s lesson was really interesting.
(今日のレッスンはとても面白かったです。)

Today’s lesson was a lot of fun.
(今日のレッスンは楽しかったです。)

You’re a really great teacher.
(先生はとても良い先生ですよ。)

※この表現は日本語で言うと少し変な感じがするかもしれませんが、英語で言うとそんなに変な表現ではないようです^^

Your lessons are easy to understand.
(先生のレッスンはいつも分かりやすいです。)

以上、今回は私もオンライン英会話レッスンや日常英会話の際に必ず使う「感謝」や「お礼」の英語表現を紹介してみました。

単純に「感謝」や「お礼」を伝えるだけでなく色々なバリエーションがあり、使い方によって気持ちの伝え方も変わってくるので、是非自分の言葉として自然に使えるようになるまで練習してみて下さいね^^

英会話レッスン中に使える感謝・感想を伝えるフレーズ

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次