英語学習が続かない理由と学習を続けて行く為の具体的な対策案

英語学習を続けられなくなってしまう理由
目次

英語学習を続けられなくなってしまう理由の一つ:英語学習の際に使う英語教材との向き合い方について

独学で英語学習をしている方、これから本格的に独学で英語学習をしようと思っている方が、まず一番先に迷うのが、「英語学習方法」そして、「英語教材」を選び方ではないかと思います。

英語教材と一口に言っても一般の書店で手に入る数千円の物からネットで販売しているような数万円のものなど。個人のニーズや習得したい英語スキルによって使う教材も様々です。とにかく私も英語学習をはじめた当時はうんざりする程の量の英語教材を買い込みました・・汗。

そしてこれも英語教育業界の問題だと思うのですが。世の中には英語学習をさらに複雑化させるように(笑)。本当に多くの教材が出版されています。これも英語学習者を悩ませる一つの種ですね。確かにコンセプトが変わった学習方法(特にメソッド系の教材)は、一見新鮮に見えて英語学習初心者には魅力的に映ります。

しかし結局の所、英話をマスターする為には毎日の学習を日課にして学習を続けていく必要があります。忙しいビジネスパーソンの方は少しの空き時間を有効利用して(例えば通勤電車など)
学習を生活の一部にする事が最も大切です。

そしてもし英語教材を買った場合、一つの教材を最後までやり切る必要があります。これは私も学習をはじめた当時はやってしまったのですが、途中で他の教材に浮気するような事はしない方がいいです。

最後までやりきらないと、最終的には同じような内容の教材を再度買ってしまう可能性もありますからね。もし教材をやり切った後は、前回使った教材の足りない知識を補う形で新しい教材を使うようにしたらよいと思います。

英語学習が失敗してしまう理由は英語教材に有り!

先程も書きましたが、管理人も英語学習を始めた頃は本当に何にも知りませんでしたから、しらみつぶしに教材を買いあさっていました。まさに英語教材のコレクターです。

出来もしない教材が山ほど部屋の隅に溜まりましたけどね(笑)。その後開くような教材はごく一部でした。そんな事を考えると、まずは手元にある英語教材や英語教科書を一度やり終えてから次の教材を捜す方がいいですね。

同じような内容の教材ばかり買っていると良い教材、悪い教材の質が見極められるようになりませんからね。教材は出来るだけ多くの種類に触れておくと自分にあった内容、レベルの物が見つかると思っています。

英語学習初心者の方の場合、今の自分が、どの部分が苦手でこの先どんな部分を強化していけばいいのかわからない事もあると思います。

そんな時におススメしたいのが、会話の例文が多く記載されている英語教材(教科書)を選ぶ事をお勧めします。そして日本語が多い教材も止めておいた方がいいです。

英語学習を続けて行く為の具体的な対策案

それでは、一体どんな方法で英語学習初心者の方は学習をしていけばいいのでしょうか?どんなタイプの教材を選んで教材を進めていくべきなのでしょうか?

以前の私も同じような状況になった事があります。そういった状況になってしまった場合に、私が実行したこととして「始めから文法の学習に力を入れるのではなく、パターンを覚えてスピーキングの練習する」という学習法です。

もっというと学習法というよりは英語を話す訓練に近い感じです。実際の会話でよく使われる色々なパターンを用意して自分なりのフレーズ集を作っていきます。そしてそれをオンライン英会話のレッスンで積極的に使っていく事も良いトレーニング(訓練)になります。

何度も繰り返しになりますが、基本的に英会話は「使ってこそ上達していくスキル」という考え方が大切です! そして、語彙、ボキャブラリー(英単語力)は会話で使いながら覚えていく事をおススメします。

実際に文法の勉強はつまらないし、始めのうちからやってしまうと「英語学習を毎日の日課にする」というモチベーションが低下してしまう恐れがありますので、私のように基本的に勉強嫌いの方は最初から文法の勉強ばかりしないようにしましょう。そして英語は「目で読みながら勉強するのではなく」、「耳で聞きながら口に出して勉強する」というスタンスを取るべきだと思っています。

とにかく英語は実際に使う事に専念して下さい。しかし、そうはいっても、ある程度の会話が英語で出来るようになったら、英文法はとても重要になります。英語学習に慣れてきたらしっかりと中学レベルの文法を理解出来るようになった方がいいです。

まずは何はともあれ、英語学習は「毎日少しづつ続ける!」。これが英語学習初級者の学習を始めた頃の大きな目標になるのではないかと思っています。

英語学習を続けられなくなってしまう理由

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次