英語勉強日記

洋書・英字新聞・英文小説を多読する為に必要な英語の表現とイディオムの基礎知識を学ぶ方法

洋書・英字新聞・英文小説を多読する為に必要な英語の表現とイディオムを学ぶ方法

英字新聞・英文小説・洋書を多読する為の必要な英語の表現とイディオムを学ぶには



リーディング力をつけるには、洋書や英文小説を多読する事が大切だと言われていますが、実際英語で書かれた文章、特に長文となると、まだ英文を読む事に慣れていない人からすると非常に読みにいくですよね・・。


特に日本の英語教育では学校のテストや受験等で英語の長文読解のようなテストがあるので、私も含めて苦手意識がある方が多いような気がします・・。^^

また英文小説はテーマによって、非常に難しいイディオムや表現が使われているので、辞書を引きながら最後まで読み終えるのも一苦労ですよね。


しかし、今回のリーディング学習を通して感じた事として、やはり「ネイティブ向けの文章やメディアから吸収出来る英語知識は想像以上に多い」という事です。


特にネイティブ向けの娯楽メディア等に目を通していると、知らない表現がわんさか出てくるので、簡単には理解出来ませんが、辞書で調べながら読み込んで行くと得る物も非常に大きいです。特に若者のスラングや今英語圏でブームになっているニュースや出来事などからは、学べる物は多いですね。



洋書・英字新聞・英文小説を多読する為に必要な英語の表現とイディオムを学ぶ方法洋書・英字新聞・英文小説を多読する為に必要な英語の表現とイディオムを学ぶ方法




リーディング学習で英文小説を読んでいた際に覚えた英語表現について



今回リーディング学習用に使った本は「Notes from a Small Island [ペーパーバック]」という小説です。


アメリカ人のジャーナリストがイギリス全土を旅した旅行記なんですが、これがイギリス的なユーモア・皮肉たっぷりなユーモアが含まれていて非常に面白いんです^^

しかしどうして、リーディングがそんなに得意でもない私が、この本の内容をしっかり理解出来ているのかって?
実は一度、この本の日本版「ビル・ブライソンのイギリス見て歩き [単行本]」を読んだ事があるからなんですね。^^

とても面白い小説だったので、英語でも読んでみたくて、今回英語版を購入したんです。
また私は個人的にこのような海外の旅行記がとても好きなので、この作品を選んだという理由もあるんですけど^^


それでは、今回の作品を読んでいた際に、いくつか勉強になった表現があったのでメモ代わりとして紹介します。



・fall asleep(寝てしまう)

fall asleep(現在形)
fell asleep(過去形)


使い方としてはこのように使われていました。

例文:

I fell asleep on the train yesterday.
(私は昨日電車で寝てしまった)※睡眠に落ちたと言うニュアンスです。




イギリスの大手タブロイド雑誌・芸能記事に紹介されていた例文



それとこちらは、イギリスの大手タブロイド雑誌・芸能記事に掲載されていた、歌手のジャスティン・ビーバーのニュースから引用します^^。彼は海外のポップ界(10代の女性)では人気があるみたいですが、その他の層からはとても酷く嫌われていますね。^^ 彼の態度やマナーにも関係していると思いますが・・。


例:

What an idiot!
(何てバカなんだ!)

使い方としてはこのように使われていました。


例文:

JustinBieber ran over a photograper! What an idiot!
(ジャスティン・ビーバーはカメラマンと車ではねたんだよ!何てバカな奴なんだ!)

このように使うようですね(笑)。
やはりネイティブ向けの英字新聞や洋書、英文小説は生きたフレーズが満載です。
スピーキング学習と同時にリーディング学習の大切さも改めて理解できました。次回のオンライン英会話レッスンにも活かしたいと思います!




スポンサーリンク
実際に体験してみたお勧めの英会話スクールTOP3

EFイングリッシュライブ(EF English Live)


オンライン英会話EF Englishtown
ネットのレビューや口コミを調べてみてると、やはり私と同様の意見として”豊富なテキストの種類とボリューム量”について評価されている方が多いです。

このくらいのボリューム量があれば教材だけみてもかなりコストパフォーマンスは高いと思います。これにプラスして「ネイティブ講師のマンツーマンレッスン」+「海外の生徒とグループレッスン」が付属しているのですから、一ヶ月使い倒したらかなりのコストパフォーマンスの高さです。

また、レッスン費用がリーズナブルだからと言って講師の質が低いわけではありません。英会話のレッスン自体はしっかりと教育を受けている英語ネイティブの講師がレッスンを担当してくれるので、生の英語をしっかりと吸収する事が出来ます。

質問にも丁寧に答えてくれますし、学習システムにトラブルがあった際にも丁寧に優しく対応してくれました。教え方も丁寧でした。以上の理由から総合的にみて、第1位に選んでいます。

EF English Live 公式




Bizmates(ビズメイツ)



このスクールは”ビジネス英語に強い英会話スクール”というコンセプトなので、他の通常のオンライン英会話スクールと比較した際に「ビジネス英語に強い英会話」という括りのスクールなので、第2位にするのは少し迷いました。

しかし、それ以上に「質の高いレッスンを提供している」という事で、総合的にみて第2位に選ぶ事にしました。

しかし、ビジネス英語に特化した英会話スクールといっても、通常の英会話レッスン、例えばフリートークをやったりテキストを使った英会話のレッスンを行ってもOKです。

このスクールをおススメする最も大きな理由としては、レッスンをした時に感じた”講師の質の高さ”です。とにかく丁寧に教えてくれる講師が多いです。とてもよく教育された講師のみを採用している印象を受けます。

普通のオンライン英会話スクールであれば、時間ですぐにレッスン終了時間になるとすぐにレッスンを切られてしまう事が多いですが、ビズメイツのある講師の方は、レッスンの時間が過ぎても生徒の質問に丁寧に対応してくれたりするので、とても好感がもてました。

また、オンライン英会話スクールでは珍しく「英文添削」をしてもらう事も出来るので、ライティングの学習は勿論、論文やビジネス関係の資料を英語で書く必要がある方にもお勧め出来ます。

Bizmates 公式







DMM英会話



このスクールの特徴としては、世界中から集まった国際的な外国人講師達だと思います。

英語ネイティブの講師はもちろん、ヨーロッパ諸国の外国人講師やアジア系の外国人講師など。本当に様々な国籍の外国人が講師となり英会話のレッスンを受講出来ます。

ですから、今後ビジネスで様々な国の外国人と英語でコミュニケーションを取る予定のある方、英語でビジネス会議をする予定がある方はレッスンで実際のロールプレイを行ってみると効果的なレッスンになると思います。

レッスン費用が比較的安価にも関わらず講師の質も全体的に安定している印象を受けました。管理人も過去に半年間の間DMMでレッスンを受講していますが、特にネイティブの講師は全体的に質が高かったように思います。

レッスンで使用する教材は、DMM英会話のオリジナルテキストを使用します。有名な英語教材である「どんどん話すための瞬間英作文トレーニングが無料でダウンロード出来る」という点も評価すべき点です。

これを教材としてレッスンで使えば、「英作文力=英会話力」はかなり鍛えられます。※ネイティブ講師とレッスンする場合は「※プラスネイティブプランのみ可能」

DMM英会話 公式