「楽しみにしている」は英語で何と言う?日常英会話で使えるフレーズ・表現を紹介します!


日常英会話で使えるフレーズ:英語で「楽しみにしている」は何と言う?



英会話が上手な人はとにかくフレーズを作るのが上手な人が多いです。つまり、英作文力に長けている人が多いです。そして、自分の言いたい事を表現する為のパターン作りが上手なんですよね。


ですから、多くの英語のパターン(フレーズ)を上手に組み合わせる事が出来るというスキルは非常に大切です。そこで、今回の記事でも日常会話(又はオンライン英会話レッスン!)で使える役に立つフレーズ(表現)を紹介したいと思います。


こういった表現を沢山覚えておくと、実際の英会話でとても役に立ちます。そしてパターンさえ頭に入っていれば、単語を入れ替えればまた違った別の表現を作る事も出来ますからね。

そこで今回紹介するフレーズは「楽しみにしている」のという表現の英語の言い方を紹介したいと思います。

英語では、この「~を楽しみにしている」表現と同じ意味の表現が数多くありますので、今回の記事ではその中でも最も役に立つ言い方を紹介したいと思います。

それでは、始めましょう。


「楽しみにしている」は英語で何と言う?
「楽しみにしている」は英語で何と言う?


こちらの記事もお勧めです:




英語で「楽しみにしている」という表現: 1.「looking forward to ~」



この表現は最もよく使われている表現だと思います。「主語+be動詞+looking forward to 名詞」と「主語+be動詞+looking forward to 動詞ing]という二つの使い方のパターンがあります。

この表現をもっと強く表現にする為には、「really looking forward to」や「very much looking forward to」などのフレーズを使います。


実際の例文:


I’m looking forward to the party.
(私はそのパーティーを楽しみにしています。)


I’m looking forward to seeing you next week.
(私は来週あなたと会う事を楽しみにしています。)


I’m really looking forward to starting my new job.
(私は新しい仕事をはじめる事を本当に楽しみにしている。)




英語で「楽しみにしている」という表現: 2.「excited about ~」



この表現は「ワクワクしている」というニュアンスを与えるような表現です。例えば、「楽しいイベント(パーティー、遊園地への遠足など)を楽しみにしている」という場合に使うような表現です。

「主語+be動詞+excited about+名詞」と「主語+be動詞+excited about+動詞ing」という二つの使い方のパターンがあります。


実際の例文:


I’m excited about the Christmas party next week.
(私は来週のクリスマスパーティーを楽しみにしています。)


I’m excited about my wedding.
(私は自分の結婚式を楽しみにしています。)


I’m excited about going to Paris in the summer vacation.
(私は夏休みにパリに行く事を楽しみにしています。)




英語で「楽しみにしている」という表現: 3.「can’t wait to ~」



この表現を直訳すると「私は~まで待てないくらい楽しみにしている」という意味になります。「主語+can’t wait to+動詞」というパターンで使います。

「I can’t wait for+名詞」というパターンも使う事が出来ます。他にも「I can hardly wait to/for」という表現も使う事が出来ます。


実際の例文:


I can’t wait to see you!
(私はあなたと会う事を楽しみにしているよ!)


I can’t wait to go to the party.
(私はパーティーを楽しみにしています。)


I can’t wait for the fireworks festival.
(私は花火大会を楽しみにしています。)


I can hardly wait for my trip to Rome!
(私はローマへの旅をとても楽しみにしているよ!)



その他の「楽しみにしている」という表現



他にも同じような表現は沢山ありますが、上記で紹介した表現は最も「正式な」表現です。他の表現は「スラング」になります。つまり、友達と一緒にカジュアルな会話をする際に使うような表現になります。


I’m stoked about the party!
I’m pumped about the party!
(私はパーティーを楽しみにしています。


英語のイディオムを勉強するためのお勧めの教材









   管理人イチオシの英会話スクール TOP3   



お勧めオンライン英会話レッスン3位   EFイングリッシュライブ(EF English Live)


オンライン英会話EF Englishtown

EF English Live公式サイト


ネットのレビューや口コミを調べてみてると、やはり私と同様の意見として”豊富なテキストの種類とボリューム量”について評価されている方が多いです。このくらいのボリューム量があれば教材だけみてもかなりコストパフォーマンスは高いと思います。これにプラスして「ネイティブ講師のマンツーマンレッスン」+「海外の生徒とグループレッスン」が付属しているのですから、一ヶ月使い倒したらかなりのコストパフォーマンスの高さです。


また、レッスン費用がリーズナブルだからと言って講師の質が低いわけではありません。英会話のレッスン自体はしっかりと教育を受けている英語ネイティブの講師がレッスンを担当してくれるので、生の英語をしっかりと吸収する事が出来ます。質問にも丁寧に答えてくれますし、学習システムにトラブルがあった際にも丁寧に優しく対応してくれました。教え方も丁寧でした。以上の理由から総合的にみて、第3位に選んでいます。


   EFイングリッシュライブの詳細・評判について





お勧めオンライン英会話レッスン2位   Bizmates(ビズメイツ)




Bizmates公式サイト


一応このスクールは"ビジネス英語に強い英会話スクール"というコンセプトなので、他の通常のオンライン英会話スクールと比較した際の総合ランキングの第一位に選ぶべきか迷いましたが、やはり「ビジネス英語」という括りのスクールなので、質の高い講師やレッスンを提供していますが、総合的にみて第二位に選ぶ事にしました。

しかし、ビジネス英語に特化した英会話スクールといっても、通常の英会話レッスン、例えばフリートークをやったりテキストを使って会話のレッスンなど。ビジネス英語以外のレッスンをメインに学習しても全く問題ありません。ビジネス英語以外のレッスンをしてくれますか?とお願いすれば通常の英会話レッスンに切り替える事も出来るので、フリートークレッスンを受講する事も出来ます。

このスクールをおススメする最も大きな理由としては、レッスンをした時に感じた”講師の質の高さ”です。とにかく丁寧に教えてくれる講師が多いです。とてもよく教育された講師のみを採用している印象を受けます。普通のオンライン英会話スクールであれば、時間ですぐにレッスン終了時間になるとすぐにレッスンを切られてしまう事が多いですが、ビズメイツのある講師の方は、レッスンの時間が過ぎても生徒の質問に丁寧に対応してくれたりするので、とても好感がもてました。


また、オンライン英会話スクールでは珍しく「英文添削」をしてもらう事も出来るので、ライティングの学習は勿論、論文やビジネス関係の資料を英語で書く必要がある方にもお勧め出来ます。


   Bizmates(ビズメイツ)の詳細や評判について





お勧めオンライン英会話レッスン3位 DMM英会話   DMM英会話




DMM英会話公式サイト


このスクールの特徴としては、世界中から集まった国際的な外国人講師達です。英語ネイティブの講師はもちろん、ヨーロッパ諸国の外国人講師やアジア系の外国人講師など。本当に様々な国籍の外国人が講師となり英会話のレッスンを受講出来ます。

ですから、今後ビジネスで様々な国の外国人と英語でコミュニケーションを取る予定のある方や、英語でビジネス会議をする予定がある方は、レッスンで実際のロールプレイ等を行ってみるととても効果的だと思います。

レッスン費用が比較的安価にも関わらず講師の質も全体的に安定している印象を受けました。管理人も過去に半年間の間DMMでレッスンを受講していますが、特にネイティブの講師は全体的に質が高かったように思います。


レッスンで使用する教材は、DMM英会話のオリジナルテキストを使用します。(レベルは初級、中級、上級とレベル別に分かれている)。

そして、私も購入して使った事がある教材ですが、「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」も無料でダウンロードする事が出来ます。これを教材としてレッスンで使えば、「英作文力=英会話力」はかなり鍛えられます。※ネイティブ講師とレッスンする場合は「※プラスネイティブプランのみ可能」


   DMM英会話のレッスン・スクール詳細や評判について





Share this post